はじめまして

2級建築士と宅建の資格を持ってるモチダと言います。現在はフリーのコンサルタントとして個人や会社のの賃貸住宅運営(不動産投資家さん)や相続対策、不動産売却のアドバイスを行っています。このブログでは日ごろの業務で伝えたいことなどを発信できればと思っています。

さて、現在担当している物件として故人所有(相続済み)の戸建て土地付きの不動産売却がありますが、この土地がなぜか隣に越境していることが分かり面倒なことになっています。土地購入時(およそ30年前)に測量はしっかりと行っていたはずなのですが、ずさんな測量だったのか境界より実際は北側に10センチほどずれて敷地が形成されてしまっているのです。

そのため南側には10センチほどの空きが生まれており、隣地所有者との交渉を進めている状態です。このような状態で売却するのは非常に難しくなっており、売主責任が問われるようになって現在ではできるだけキズは少なくして、気持ちよく買ってもらうという方向で進むのが原則です。

現状としては土地家屋調査士に依頼して詳細な測量図を改めて作ってもらうことになり、その費用としては50~100万円ほどが必要となります。また北側の土地を譲ってもらい、もともとの土地と合筆するなどの登記費用(司法書士)も含めると相当な費用負担を強いられてしまいます。当時の売却元である市町村に訴えたいところですが30年前ということで時効も成立してしまっています。隣地所有者に対して時効を主張することもできますが、これからも近所づきあいをしていくことを考えると難しい選択を取らざるを得ませんでした。

このような事例などをブログでご紹介していけたらと思います。よろしくお願いします。